西大畑・旭町とは…湊町新潟市の海岸沿い、近代に開発された砂丘地周辺。お屋敷、別荘、レトロな洋館、学校、さまざまな文化施設が点在する坂の町です。

西大畑、旭町について

母守唄 母は焚き木です展

開催期間:2024年2月15日(木)~3月24日(日)

開催時間:2月/  9:00-19:00 3月/ 9:00-21:00

休館日 :月曜日、2月27日、3月21日

 

『母守唄 母は焚き木です』は国見修二の2019年の詩集で、毎週著者に手紙を書いてくるという刊行時92歳の母をイメージの核とし「母は△です」の△に、わき上がってきた言葉を次々に入れ込むことで生まれた250篇の3行詩が収録されている。母守唄とあるように、大人になった子が、逆に母を「あやす」ように口ずさむ唄のようにも読める。

男の書き手による母への賛歌として読むと、息苦しく感じる人もあるだろう。

私(著者)の母○○の、「私」「○○」(固有名詞)が省かれることで、詩の「母」は読み手自身の母、世間や社会の中の母をも喚起するはたらきを持ち始める。

この詩集の「展示」を著者から提案されたとき、ためらいがあったのは、「息苦しく感じる人」について思ったからで、「その人」は私のなかにもあった。

しかし、くり返しひもとくうち、本書は母の解体、とまでは言えないとしてもユニークなイメージの拡張としても読めると思えてきた。具体的な母の記憶を軸にしながら、あるいはそれゆえにと言っていいかもしれないが、既存の概念、役割、理想としての母を、詩の多様な言葉が揺らし、ほぐし、広げている詩集でもある。

さらに思い浮かんできたのが蓮池もも、しんぞう、木下晋など、砂丘館でかつて紹介してきた美術家たちの作品にも、母をモチーフとする重要な作品のあったこと、それらのなかにも詩と同じように、ひとりの現実の母を核としながら、それらを「開く」力があったことだった。詩の言葉と、それらを、同じ空間に並べてみることに興味を感じた。絵に詩の説明や共鳴板としての役割を単純に担わせるのではなく、この詩集のもつ「拡張」作用との協働を、展示という行為によっておこなえるのではないかと考え、著者の提案を受けとめることにした。

「役割としての母」に、ある性と身体の機能を持って生まれた人の人生の自由を縛する一面があり、その一面は当然批判されなくてはならないが、現実に母であった、母である人たちがおこなってきた、おこなっていることの意味を考える課題自体は、そのような批判で消え去るものではない。 著者も関心を寄せる問題、現代の子を守ることや子らの豊かな環境を維持し、創ることは、私たちの時代、社会の大きいテーマであり、さらに時がたち、子が逆に保護者だった人たちを守る立場にたつときなにができるかについてもこの詩集は考えさせる。

この詩集が単なる母の賛歌として読まれることは、母を批判する立場の否定にもつながりかねない。そんな危うさを意識しながら、この砂丘館でどのような展示が可能なのか、試みたい。

大倉 宏(砂丘館館長)

漆山昌志「バイバイ」2000年頃 石彫

 

作家のプロフィール

国見修二(くにみ しゅうじ)

詩人。一九五四年新潟県西蒲原郡潟東村(現新潟市)生まれ.。詩集に『鎧潟』『青海』『雪蛍』『瞽女歩く』『詩の十二カ月』『瞽女と七つの峠』『剣道みちすがら』『母は焚き木です』など。『鎧潟』は生家の近くにあった蒲原平野最大の潟(湖)の一つ鎧潟(一九六六年全面干拓により乾陸化した)の記憶をもとにした詩集。連作詩「母は焚き木です」は日本子守唄協会の季刊誌「ららばい通信」に一部掲載されたものを、二〇一九年に一冊にまとめたもので、序文を同協会理事長の西舘好子が執筆、表紙・挿画に国見が敬愛する詩人松永伍一の絵が使われている。近年は蒲原平野の畦のいたるところにあったはさ木の魅力発信をおこなう。越後瞽女についての著作も多い。

国見修二詩集『母守歌 母は焚き木です』 2019年 玲風書房

 

 

会期中の催し

「母をめぐって」(トークと対談)

3月3日(日)14時~15時半

「詩集 『母は焚き木です』と本展について」 大倉 宏

対談 国見修二+西舘好子(日本子守唄協会理事長)

定員 40名 参加料 500円 要申込(申込受付開始2月7日(水))

砂丘館 TEL:025-222-2676

Email:yoyaku@bz04.plala.or.jp