西大畑・旭町とは…湊町新潟市の海岸沿い、近代に開発された砂丘地周辺。お屋敷、別荘、レトロな洋館、学校、さまざまな文化施設が点在する坂の町です。

西大畑、旭町について

各館のお知らせ

新潟市美術館にて好評開催中の「徳川名宝展」では、いよいよ9月13日(火)より、

重要文化財《大名物 唐物肩衝茶入 銘 初花》(德川記念財団蔵)

が展示されます。唐物肩衝(からものかたつき)の白眉と賞される、名品中の名品です。

銘の「初花(はつはな)」は、室町幕府八代将軍・足利義政(1436~90)の命名と伝えられます。織田信長・徳川家康・豊臣秀吉・宇喜多秀家などの所有を経て、関ヶ原の戦いで家康に献じられました。正に「大名物」の名にふさわしい由来です。

大坂夏の陣の戦功により松平忠直(1595~1650)に与えられ、その長子・松平光長(1616~1707)が越後高田藩主となると、高田城に所在が移りました。その後、三たび徳川将軍家に献上され、代々伝えられたという歴史を持っています。

なお、同じく本展に出品中の《大名物 唐物肩衝茶入 銘 遅桜》(三井記念美術館蔵)は、これを所持した足利義政によって、「初花」に優るとも劣らない茶入と評価されたものです。

「初花」「遅桜」そろっての公開は珍しく、近年では2010年の東京都内(三井記念美術館、目黒区美術館)での展覧会以来のこととなります。同じ日に、同じ会場で、「初花」と「遅桜」を見比べていただけるのです。

徳川名宝展」は9月25日(日)まで。この機会をぜひお見逃しなく!

 

※駐車場が混雑しております。ご来館は公共交通機関をご利用ください。

 

重要文化財《大名物 唐物肩衝茶入 銘 初花》(德川記念財団蔵)

重要文化財《大名物 唐物肩衝茶入 銘 初花》(德川記念財団蔵)