西大畑・旭町とは…湊町新潟市の海岸沿い、近代に開発された砂丘地周辺。お屋敷、別荘、レトロな洋館、学校、さまざまな文化施設が点在する坂の町です。

西大畑、旭町について

各館のお知らせ

木々の緑に囲まれた三条のアトリエで描き出される作品を、作家はほとんど県内では発表していません。新潟県内で初めての本格的な個展です。海の中、季節の移ろい、都会の風景のなかで生きる様々な人々、生き物、花、無機質な物体、それらが競い合い主張し合い描き出されたものは、なぜか明るい色に包まれています。平面と立体の作品が醸し出す世界をご堪能ください。

【馬場まり子略歴】
1941年(昭和16)広島県広島市生まれ。新潟大学人文学部英文科卒業。45歳にしてはじめて現代美術の分野で作品制作。以降東京で発表を続けている。2001年より「三条医師会ニュース」の表紙絵を担当。2004・2006年「新潟の美術 新潟の作家100人」展に出品。

美術にはなんの関心もなく平凡に幸せに生きていました。
突然45才で自分でもわからない何かにうしろから押されて、現代美術の世界に入ってしまった。

小麦粉を使った作品から出発し、ある時から絵を描きたいという衝動に強くかられて、絵を描くようになりました。

京橋、日本橋、銀座で個展を重ね、9月、34回目の個展を終えました。

自分の絵の特長のようなものは、
・主にフツウの一般の人を描いている
・全体として余白のある東洋画に属しているように思う
・遠近法でない画面の奥行の奥行を考えている

むずかしいことですが、少しでも新しい絵画をめざしたく思っています。  馬場まり子

「明るい色 かたちと色彩の饗宴」馬場まり子展
2019年11月2日(土)~12月22日(日)
開館時間:10:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(祝日または振替休日が月曜日の場合はその翌日)
観覧料:一般300円、専門学校生・大学生200円、高校生以下無料

1Fでは、岡田清和の貼り絵と片桐翠の油彩も明るい色展として展示しています。

【同時期開催】
「明るい色」岡田清和/片桐翠/馬場まり子
場所:砂丘館
会期:11月2日(土)~12月22日(日)
開館時間:9:00~21:00
休館日:月曜日(11/4を除く)、11/26

新潟市中央区西大畑町5218-1
tel:025-222-2676